情報化社会だからこそ便利。存在しない人

情報化社会というのは、リアルな世界と違って、メリットもあるけど、それなりにデメリットもあります。
特に、個人情報という事では多々のトラブルになりかねませんよね。

それは、当然、私でも同じです。

だから、私は私なんだけど、私じゃない私がいれば、良いのになぁ… という事は以前からずっと課題でした。

例えば、ネット上で登録する情報は、基本的にもう一人の私がいて、その架空の人物の情報で登録されています。

名前・生年月日とか色々…。

正直に住民票に記載されている情報をWEB上に上げるという事はありません。セキュリティーの観点からして。

文字情報だけなら、ともかくとして、画像化というのは難しく、それが時々UPする、Photoshpで行う女性化なのですが、いかんせん、

(`・ω・´) 作るのメンドイ!

これに尽きます。
だから、やらない…という事もあり、中々着手しきれない所がありました。

そんなこんなと思っていると、時代が進み。それがスムーズにできるようになってきた訳で

( ゚д゚ ) これならスムーズ!

という事で、早速作ってみる

私だけど、私じゃない。
存在しない人物

( ゚д゚ ) オッサン 大変身 でもちゃんと面影ある。

( ゚д゚ ) 年齢とは肌質なんだなと実感する…。

後はシワ…( ;∀;)

男 → 男だと、殆ど変化はないけれど、 男 → 女 と、女性化フィルターをあてる事で、オリジナルと大きく差を開けられます。

とりあえず、これで、私だけど、私じゃない。存在しない人物を持てたというのは、ネット上でいう、別アカウントを持てたという様な状態です。

これはネット社会の中で泳ぐには非常に便利なツールです。

あっ別に悪い事するって意味じゃないです。勿論ですが。
自分を守る為にというべきかな。

因みに、菅さんでやってみたら、こうなった。

居そう! そして熟女感 (´・ω・`)

元首相だけに、国は違えど、メルケル首相っぽいオーラを感じます。
やっぱり、その人の特性というか、リーダーに立ってたオーラは残るんですね。

いやぁ。時代って進むよねぇ。

っていうか、女性のメイクって すげぇって、なんか改めて思いました。

関連記事